Category: ぺんぎん薬局

代表あいさつと会社概要

会社概要

 

称号:株式会社レジック

代表取締役:阿部真吾

資本金:200万円

事業内容:調剤薬局(ぺんぎん薬局の運営)

 

代表あいさつ

 

 

会社名はRegional contribution(地域貢献) Regic(レジック)です。

調剤薬局の運営をしております。

 

『関わるみんなを幸せに』

 

をモットーに、患者さんはもちろん、そのご家族、近隣医療機関や施設等々、

しっかりと向き合ってお付き合いさせていただき、20年、30年と地域に根付いた薬局を目指しております。

 

ぺんぎん薬局の名前の由来について

 

地球上でもっとも寒い南極で暮らしている、コウテイペンギン。

世界一過酷な子育てをすると言われております。

南極の冬は一日中、陽があたらず平均最低気温マイナス60℃ 秒速50mを超える

暴風雪ブリザードが吹き荒れる中、子育てをしています。

体を冷やさぬよう皆でおしくらまんじゅうをし体を寄せ合っています。

しかし、そこにはリーダーはおらず順番で内側から外側へと少しずつ動いています。

薬局にはもちろん、責任者や管理者もいます。

ただし、日常業務の上では年齢も性別も職務も関係なく、もちろん個人の得意不得意はありますが

各々のできることを精一杯頑張り、患者さんのためひいては地域のためになるよう努めてまいります。

 

現在に至るまでご指導いただいている恩師がおります。

恩師から『ぺんぎんが群れをなすよう一店舗だけでなく徐々に拡大させ、

調剤薬局のファーストペンギンを目指して頑張ってみろと』ありがたいお言葉をいただきました。

今後、調剤業務(薬の準備)はロボットでもできるでしょう。

知識を得るだけであればロボットに劣ります。

ただし、お薬の受け渡しだけはダメです。

ヒトの温かさがあります。人の体温の設定がされたロボットでもダメです。

その点が、今後も必要とされてくるところだと思っております。

調剤薬局、一薬剤師としてだけでなく薬局の垣根をこえ、ぺんぎん薬局が地域で必要不可欠なものになれるよう努力します。

まずは形なしにならぬよう、地道に一歩一歩、そして着実に歩んでまいります。

薬局、医療は人と人とのやり取りです。

『懇切丁寧、笑顔がモットーのぺんぎん薬局』をよろしくお願い致します。

 

Back to Top